07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間交差点 ネットカフェに住む人々 

大田区蒲田に、夜な夜な大きな荷物を抱えた若者が集まるという。
ネットカフェの利用料金が都内でも格段に安いからだ。

ある青年は、1日200円のコインロッカーを毎日2つ使い全財産を収納。
その後、時間をつぶし夜遅くにネットカフェに入る。滞在時間を短くし節約するためだ。1時間100円。
店内で弁当を食べるが、1回で食べきらないよう、夜と朝の分を2等分して食べる。

翌朝、早くから「日雇い派遣」の仕事に出かける。
会社からはメールで管理されており、
「16532(青年の職務上の番号)仕事現場に向かいます」
「16532集合場所に到着しました」
などの報告を行う。

この「日雇い」仕事が無ければ、ネットカフェに泊まることもできず、食事もとれないのだという。



コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iimon.blog42.fc2.com/tb.php/151-8a8113ab

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。