05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

向精神薬の広告 



精神科薬広告図像集

所謂シュールレアリズムアートなんですが、向精神薬の広告になるとインパクトがすごい。
リアルを想起させるからでしょうか。
これはアーティストがすごいというよりも、こういった作品を向精神薬の広告に選ぶ担当の人のセンスがすごいと言うべきでしょう。
一般の目にはあまり触れることのない広告アートを堪能してください。

コメント

Re: 向精神薬の広告

こんにちは、ブログを拝見しました。そういえば
特に向精神薬の広告ってどうしてあんなに不気味
なのでしょうか?向精神薬に限ら薬や薬品、薬剤の箱や包材に使われている色は落ち着きません。なんか本当に命に関わる危険な物と言う感じでとても病気を治す感じの物には見えません。色が心理的に与える影響と言うものをもっと考慮してくれれば良いと思います。広告も然りです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iimon.blog42.fc2.com/tb.php/311-ae429918

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。