09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェレンコフ光 



世界で最も美しいブルーと言われるチェレンコフ光。
荷電粒子が光の速度を超えたときに発せられる光の衝撃波だ。
全ての物質は光速を超えることは出来ないが、例えば水中では光の速度は遅くなる。
真空中を進む光の速度を100とすれば、水中での速度は75。
核反応や粒子加速器などによって加速された粒子は、この速度を超えることが可能である。

動画は、日本原子力研究所におけるNSRRの単一パルス運転の様子。
NSRRは、軽水炉の反応度事故を想定した実験炉で、原子炉をわざと不安定な状態にし、出力の挙動や核燃料の損傷具合などを調べる研究が行われている。

チェレンコフ放射は原子炉に限った現象ではないが、この世で最凶の有害物質によって発せられる光は、この世のものではないような底知れぬ美しさで、恐怖すら感じさせられる。


この動画の詳細はこちら

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iimon.blog42.fc2.com/tb.php/312-0ebb71f8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。